外陰部のできもの

毛嚢炎(もうのうえん)・毛包炎

外陰部の毛包に主に細菌が感染して炎症の起きた状態のことです。

毛嚢炎(もうのうえん)・毛包炎の原因

外陰部に存在する細菌による感染症です。毛穴が傷ついたり、皮膚が湿った状態になると細菌が中に入り込み炎症を起こします。むだ毛処理の後、月経中などに起こりやすくなります。

毛嚢炎(もうのうえん)・毛包炎の症状

毛包の場所に赤い丘疹や真ん中に膿包と呼ばれる膿がたまった丘疹ができます。かゆみは少なく、痛みを訴えられることが多いです。

バルトリン腺のう胞

バルトリン腺の排泄管の開口部が炎症、損傷などにより、閉塞したために非感染症の液体がたまって痛みのない、のう胞となったものをバルトリン腺のう胞といいます。感染を伴うと膿瘍となり、腫れや痛みの症状を認めます。

性器ヘルペス

「単純ヘルペスウイルス(HSV)」が性行為により、性器に感染して起こる疾患です。初感染後に感覚神経節に潜伏するため、免疫力が下がると再びウイルスが活性化して再発を繰り返します。初感染の場合は、2~10日間の潜伏期間ののち、発症します。

症状

初発型(急性型)

初感染のときに、症状が強い傾向があります。外陰部の激しい痛み、排尿痛、鼠径部のリンパ節の腫れ、痛みなど、外陰部に痛みを伴う水疱(水ぶくれ)ができます。水疱は簡単に破裂し、潰瘍をつくります。しばしば、発熱、頭痛も伴います。

再発型

再発の場合は、症状は比較的軽く、痛みは強くなく、違和感、かゆみ程度のことが多いです。疲れたり、月経が近づくと発症しやすくなる人が多いです。

注意点

痛み、潰瘍などの症状がある場合は、感染力が強く、他の人に感染させてしまう可能性が高いため、入浴、使用したタオルの取り扱いには注意が必要です。

尖圭コンジローマ

「ヒトパピローマウイルス」の性交渉による感染で起こります。
3週間~8ヶ月(平均3ヶ月)の潜伏期間ののち、症状が発現します。

症状

外陰部、会陰、肛門周囲などに無痛性のイボが生じます。また、イボが集まりカリフラワー状になります。その他、痒み、ほてり、性交時の痛みなどの症状が現れます。

治療

現在は、塗り薬で治療が可能になっています。また、塗り薬で改善しない場合は、焼灼治療が必要となります。

注意点

視診上、一度治癒しても3ヶ月以内に約25%が再発します。

尿道カルンケル

尿道の出口に乳頭状のできものができ、異物感や出血を伴う良性の腫瘍です。更年期以降の女性に多く認められます。下着に血液が付く、尿道の出口がかゆい、痛いなどの症状を認めます。

他にもこのような症状でお悩みではございませんか?

06-6233-2300Facebook Twitter Instagram
一番上に戻る