性交痛がある・不感症かも…

性交痛

性交痛とは、性交時の痛み、つまりセックスの際に生じる痛みのことです。
痛みを感じながらセックスを行うことは、精神的にもストレスとなり、セックスそのものを避けるようになりかねません。
また、加齢などで膣内の潤いが不足している場合などは、セックスにより傷ついたり、炎症を起こしたりする可能性もありますので、まずは痛みの原因を知り、適切な方法で改善を目指しましょう。

性交痛の原因

女性ホルモンの減少

性交痛が見られるケースで、もっとも多い原因として、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌量低下が挙げられます。エストロゲンの分泌量低下により、膣の萎縮が進んだり、膣粘膜が薄くなり、セックスで痛みが生じやすくなります。また、膣内の分泌物も減少するので、乾燥しやすく、これも痛みにつながります。
エストロゲンの分泌量が低下しやすいのは、更年期、閉経前後、産後、授乳期間などです。

不安・精神的なもの

何らかの原因により、パートナーとのセックスに前向きになれなかったり、不安を感じていると、膣内の分泌物の量が減り、乾燥して痛みを感じやすくなります。さらに、一度痛みを感じてしまったことで、次の機会にも身体と心が緊張する悪循環に陥るケースも見られます。

膣炎

膣炎の中でも、主に閉経後の女性に多く見られる、エストロゲンの減少によって起こるのが「萎縮性膣炎」です。膣の潤いが失われ、乾燥・萎縮により炎症を起こします。
また、性感染症による膣炎がこっている場合も、性交痛を感じることがあります。

体質

先天的な膣の狭さを原因として、性交痛が起こることがあります。

子宮筋腫・卵巣腫瘍

子宮筋腫や卵巣腫瘍も、その大きさや場所によって、性交痛を伴います。
ただし、性交痛の原因としては稀なものと言えます。

性交痛の治療

大阪市中央区北浜の山口あきこクリニックでは、「UltraVera(ウルトラヴェラ)」をいち早く導入し、性交痛の緩和に役立てております。
UltraVeraの照射により、膣のタイトニングと弾力性を増強しながら、膣組織のコラーゲンの再生を促します。膣が潤いを取り戻し、性交時の痛みを和らげます。また、痛みの原因となる炎症も抑制します。
精神的なものによる性交痛の場合には、心の持ちようや、リラックス方法などを患者様のお悩みに合わせてご提案いたします。

不感症

日本では、女性が性について考えることは、未だ「恥ずかしいもの」というイメージがついて回ります。海外ではそのようなことはありません。堂々と性の話や主張をします。
どちらが良いのかは意見が分かれるところですが、日本のこの性への閉鎖性のために、不感症という悩みを一人で抱えている方がいらっしゃるなら、それは悲しいことです。
大阪市中央区北浜の山口あきこクリニックでは、患者様のお悩みや症状に合わせて、心と身体の両面から取り組む適切な治療をご提案しております。どんなことでも、お気軽にご相談ください。

こんなお悩み、ありませんか?

  • セックスが良いと思えない、好きになれない
  • セックスを気持ちいいと思ったことがない
  • 出産後、セックスに嫌悪感がある
  • セックスの際に、膣内が濡れない

以上のようなお悩みを抱えている方は、山口あきこクリニックにご相談ください。心と身体の両面から、患者様のお悩みに対しての改善策をご提案します。

不感症の原因

不感症は、セックスそのものは可能だけれど、快感を伴わない、または極めて弱いという性感の異常です。いわゆる「感じない」という状態です。
性行為の経験が比較的多い女性が、あるときから気持ち良さを感じなくなってしまった場合には、不感症を疑う必要があります。そしてその原因の多くは、精神的なものです。それ以外の原因としては、女性器の発達不全、形態の異常などが考えられますが、全体から見ると少数です。
一方、性行為の経験が少ない女性が「セックスを気持ち良く感じられない」という場合には、ほとんどのケースにおいて、経験を重ねていくうちに改善・解消されます。これは厳密には不感症ではありません。

精神的なもの

不感症の原因の方の多くが、精神的な要因を抱えています。
過去の性行為の際に感じた痛みからくる恐怖、トラウマを原因とした嫌悪感、過度の羞恥心などが挙げられます。

クリトリス包茎

クリトリス(陰核)を覆う皮膚が多い場合、刺激が伝わりにくくなり、不感症を起こすことがあります。
クリトリス包茎手術を行えば改善する可能性があります。

膣のゆるみ

膣のゆるみにより、刺激を感じにくく、不感症となることがあります。
膣のゆるみは、加齢、出産、運動不足、肥満などによって進行します。

不感症の治療

精神的なものが原因で不感症になっている場合、まずはその原因を診療の中で探り、解消可能なものは解消していきます。その上で、性行為に対する心の持ちようや、リラックスする方法を、患者様の症状に合わせてお伝えします。
ただし、心に深い傷を負っている場合、性行為に対する極度の嫌悪感を持っている場合などには、より専門的な治療が必要になることもあります。
また、当クリニックでは、「UltraVera(ウルトラヴェラ)」をいち早く導入し、不感症の改善に役立てております。
UltraVeraの照射により、膣のタイトニングと弾力性を増強しながら、膣組織のコラーゲンの再生を促します。
弾力性と潤いを取戻し、自然な喜びを得られる膣内環境を作りだします。
このように、当クリニックでは膣の機能の正常化を図り、心のケアと併せて不感症の改善に取り組んでおります。安心してご相談ください。

06-6233-2300Facebook Twitter Instagram
一番上に戻る